2018年もはや3日目
休みってほんとに早く過ぎていくな・・・

今年に入って早くも今年のスーパームーンがお目見えと!
1月1日から1月2日に変わる辺りが一番大きいとの情報
その時間帯は間違いなく爆睡中なので取れる時間帯に撮っておきましょ♪

2018年1月1日

2018.1.1


翌1月2日
2018.1.2

・・・なんかピント甘くて納得いかないんだけど、
両日ともどんだけ撮ってもコレが限界

因みに2017年11月6日に撮った月
2017.11.6

色の違いは置いといて、11月6日のがきりっとしてる
1月の1日も2日も雲が結構な速さで流れていて、雲が切れた隙を狙って撮ったけどあの仕上がり
これはウデがどうのとかじゃない何かがあるはず!と調べてみたら
コレじゃない?というのがヒット

【シーイング】

気流の状態、空気の揺らぎの事を指すようで、
気流が乱れている=風が吹いている

星が瞬くのはこの空気の揺らぎのせいで、
イメージとしては透明度はあるが流れの速い川底の石を見るようなもののよう

なんかイメージ沸く!
って事で、いつもぼんやりした写真しか撮れないのなら
ウデが悪いって事で終了~なんだけど、
ちゃんと撮れる事もあるって事はそれなりの理由があるって事
モチロンウデも大いに関係してると思うけど

あと、地平線から昇ったばかりの時はシーイングは悪いとか 
空気の中を長く光が通るの原因らしく、
なるべく高く昇った時刻に観察をするのがよいと

奥が深いな・・・


Astro Arts 星ナビ.com 星職人
しない・させない・させられない 月の写真を撮る⑤
星の楽しみ方t 超入門 望遠鏡光学(23) 望遠鏡の口径とシーイングについて